これは食べれます

つつみの宣伝部長、かよです。

食物アレルギーや苦手な食材は、
ご予約の時点でお伺いするようにしています。
しかし、たまに言い忘れる方も。

苦手なものが出てきて、はっと気づくパターン。
でも、残すのは申し訳ないというわけで
恐る恐る口にいれて、びっくり。

「実は〇〇が苦手だったんですけど、
 これは食べれます!」

独特の臭みやアクがあるような食材の場合、
大将が時間をかけて丁寧に下ごしらえして
それらを消しています。

下ごしらえの方法を聞いて、
「ぜひやってみます。」という方と、
「それは面倒だな。」と
今だけの苦手克服で終わらせる方。
あなたはどちらでしょう?
私は間違いなく後者です。笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です