そんなんせんでいいやん。

つつみの宣伝部長、かよです。

大将はこれまで全く同じ料理を
お客様に出したことがありません。
毎月すべての料理が新メニューなのです。
当然、毎月メニューを考えるのに、
とても時間と労力がかかります。
すると、馴染みのお客様は、

「大変やし、そんなんせんでいいやん。
美味しいんやから同じのでも全然ええよ。」

と言ってくださいます。が、
実はこれには理由がいくつかあります。

①お客様に常に新しいものを
 召し上がっていただきたい。

②同じものを作っていると
 飽きてきて楽しくない。

③全く同じものを作るほうが実は難しい。

④そもそも、レシピがないから作れない。

というわけで、少しがっかりさせてしまったら
ごめんなさい。
そして「あれ?これ去年も食べたぞ?」
という日が来たら、ごめんなさい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です